アーカイブ
カテゴリー

Webサイトは、企業が企業を宣伝したり、商品を紹介したりする際に欠かせないメディアとなってきています。
また、商品やサービスを消費者に広く販売する為の販路拡大の場として活用されています。
企業がWebサイトを構築するには、制作会社に依頼することが一般的ですので、多くの企業は実現したい機能を持ったWebサイトを構築出来る技術力と実績を持った会社に依頼します。
Web制作会社では、様々な技術を持った人々が働いており、転職向けの求人を常に募集しています。
制作会社に転職して活躍する為には、Web技術やサーバーサイドプログラムに関して学び、現在主流となっているWeb制作について学ぶ必要があります。
Web技術を学ぶ場として、スクールがあり、ここで体系的にWeb制作に必要な技術や知識を体系的に学んで、現場で活躍出来る能力を養うことが出来ます。

Webサイトを構築する為の技術や知識は、スクールで体系的に学ぶことが出来ますが、スクールと類似・競合するサービスとしては、パソコンスクールや大学・専門学校などがあります。
パソコンスクールは、主に初心者を対象にパソコンの使い方を学ぶものであり、Web制作は基礎部分しか行いません。
大学は、コンピューターや情報工学などを論理的に学ぶ場であり、制作会社で使うような技術を学ぶ場ではありません。
専門学校は、Webスクールに近いカリキュラム構成になっていますが、Webスクールの場合は専門学校よりも制作会社に合わせた授業内容になっているのが特徴となっています。
将来、どのような分野でWeb制作の技術を使いたいのかによって選択するべき学校は異なってきます。

WEBスクールの授業料や入学金の総額は、多くのスクールにおいて約30万円程度が相場になっています。
この学費の価格傾向は長年変わっておりませんので、スクールに通う際には授業内容で選択することが有効です。
Webスクールでは、体系的にWeb技術を学んでいきますが、スクールによっては現場で活躍している人を講師として招いて授業を行っていますので、より実践的な内容を学ぶことも可能です。
複数のスクールの学費を比較して授業内容とのバランスが取れているスクールを選択することが現場で活躍出来る能力や知識をつけやすくなります。
学費以外にも課題をする為の専用のツールなどを購入する必要がありますので、学費と含めて考慮しておくことが必要です。

オススメリンク



それぞれの得意分野

転職する場合、近年ではインターネットを使った活動が一般的になっています。
最初に情報集めをかねて各支援サービスのホームページを閲覧するケースが最も簡単な方法です。
リクナビNEXTやマイナビ、エンジャパンなどさまざまなWEBサービスがあります。
大手から、中小の企業までRead more



未経験者と経験者

2013年末から2014年にかけて転職市場への求人がだいぶ増えてきています。
リーマンショック後などは企業が求人を絞ってしまい、あまり採用がなかったのですが、特に今年は新卒採用の倍率が1倍を超えていて、売り手市場になっていることもあり、特に中小企業やBtoBメインの一般的に知名度があまRead more

関連リンク

カレンダー
2015年5月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031